若い人にこそ読んでもらいたいバーニンがわかる8冊

バーニン攻略サイト

私が、ノースカロライナ州田舎町の大学に通っていた、30年程前、その町の中心で、KKK(Ku Klux Klan)行進があった。

KKK(クー・クラックス・クラン)とは、米国の白人至上主義による、極悪秘密結社。南北戦争後、南部地方で、黒人排斥を目的として結成され、第一次大戦後は、ユダヤ人・カトリック教徒・社会主義者などにも、テロや暴行を加えた、白い服と白覆面とを着けて、脅迫の儀式や行進する団体だ。

白人の中でも、ヨーロッパの北方人種(プロテスタント系アングロサクソン人、ゲルマン民族など)こそが、神に選ばれた民だと主張し、従来の黒人差別のみならず、有色人種全体に対しても、徹底した迫害を行った。なかでも黒人に対する放火、リンチ、殺人が、日常的で、凄惨を極めていた。

その頃、私は、KKKの存在自体知らなかったのだが、私のホストファミリーだった白人家族(旦那さんは牧師)が、その日は外出しないで教会の中に居なさいと、私をKKKから守ってくれた。

正直、なんで隠れていなくてはいけないのか、ピンとこなかった私だが、後日、KKKは白人以外の人種に危害を与える恐れがあると知り、日本から来たばかりで、人種差別に疎かった私は、ショックと驚きと共に、ホストファミリーの行為を理解し感謝した。

その町で生まれ育った夫の話だと、今から40年ぐらい前には、私の通ってた大学で、黒人と白人のカップルが2組いたという理由で、学校内でKKKの行進があったという。

KKKメンバーは、昔に比べると大分減ったようだが、”Make America Great Again”と、昔の素晴らしいアメリカの再現を目指すトランプ大統領を、白人至上主義のKKKメンバーは、支持している。

先日行われた、ジョージフロイドさんの葬儀で、彼の姪御さん(おそらくティーンエイジャー)が、未だ根強い人種差別が続く、この国の現状を嘆きながら「”Make America Great Again”って言う人いるけど、いつAmericaは素晴らしかったの?」と訴えていたのが、印象的だった。

先日のニュースでは、木から首吊りされた黒人男性の死体が見つかったケースが何件かあり、KKKがよく使う手法だが、警察は両方とも自殺として処理しようとしており、家族からの抗議もあり、再調査したそうだ。

KKKの怖いところは、白装束で頭部全体を覆い、身分を隠しているので、誰がそう言う思想なのかわからないところ。街角にそういう人達は、意外と沢山ひそんでいそうな気がするのが、なんだか不気味で、怖い気がする。

下記のブログにも、隠れ人種差別主義者の例が書いてあったので、ご参考まで。

KKKの実態を知るのに役立つ映画として、下記の映画が紹介されていた。

スパイク・リーの積年の怒りが詰まった
『ブラッククラウズマン』

70年代、白人至上主義団体KKKに入会し、侵入捜査を行った黒人刑事の実話を、スパイク・リーが映画化。

Netflixオリジナル映画
『マッドバウンド 哀しき友情』

第二次世界大戦後のミシシッピの農場に住む、黒人一家と、レイシストの白人一家に焦点を当てた、ヒューマンドラマ。共に帰還兵で、現在の生活に閉塞感を感じている、黒人のロンゼルと白人のジェレミーが、人種を超えた友情を育んでいくものの、あらゆるところにKKKの目があり…という、彼らに降り注ぐ悲劇が描かれていく。

実際の事件をモデルにし、当たり前のようにはびこる人種差別を描いた
『ミシシッピー・バーニング』

1964年にミシシッピ州フィラデルフィアにて、公民権運動家3名が殺害された事件がモデル。3名の公民権運動家失踪事件の担当となった、北部からのFBIエージェント2人が、KKKと結託した地元警察の妨害にあいながらも捜査を進め、3人の行方を追い、人種差別主義者も追い詰めていく。

KKKが登場する作品は、他にも数多くあるが、人間の中にある「冷血」を、嫌というほど思い知らされる。

KKKだけでなく、世界中にはさまざまな人種差別が現在もはびこっている。こういった作品から、何かを考える機会となればいいと思う。

私は、まだ、どれも観た事がなく、正直、ここ数日連続で観た黒人差別問題の映画やドキュメンタリーの衝撃が大きく、まだ胸が痛い状態で、他のを観る気がしないのだが、立ち直ったら、観てみようと思う。

この黒人差別問題に向きあうのには、相当な覚悟、精神力、そして体力が必要なんだと、今更ながら、気付いた私だった。

↓YouTube チャンネル↓

**************************************

ロス在住ブロガー情報

  

 

 

詳細、レビューを見てみよう。バーニンの疑問は、ここで解決しよう!

私が、ノースカロライナ州田舎町の大学に通っていた、30年程前、その町の中心で、KKK(Ku Klux Klan)行進があった。

KKK(クー・クラックス・クラン)とは、米国の白人至上主義による、極悪秘密結社。南北戦争後、南部地方で、黒人排斥を目的として結成され、第一次大戦後は、ユダヤ人・カトリック教徒・社会主義者などにも、テロや暴行を加えた、白い服と白覆面とを着けて、脅迫の儀式や行進する団体だ。

白人の中でも、ヨーロッパの北方人種(プロテスタント系アングロサクソン人、ゲルマン民族など)こそが、神に選ばれた民だと主張し、従来の黒人差別のみならず、有色人種全体に対しても、徹底した迫害を行った。なかでも黒人に対する放火、リンチ、殺人が、日常的で、凄惨を極めていた。

その頃、私は、KKKの存在自体知らなかったのだが、私のホストファミリーだった白人家族(旦那さんは牧師)が、その日は外出しないで教会の中に居なさいと、私をKKKから守ってくれた。

正直、なんで隠れていなくてはいけないのか、ピンとこなかった私だが、後日、KKKは白人以外の人種に危害を与える恐れがあると知り、日本から来たばかりで、人種差別に疎かった私は、ショックと驚きと共に、ホストファミリーの行為を理解し感謝した。

その町で生まれ育った夫の話だと、今から40年ぐらい前には、私の通ってた大学で、黒人と白人のカップルが2組いたという理由で、学校内でKKKの行進があったという。

KKKメンバーは、昔に比べると大分減ったようだが、”Make America Great Again”と、昔の素晴らしいアメリカの再現を目指すトランプ大統領を、白人至上主義のKKKメンバーは、支持している。

先日行われた、ジョージフロイドさんの葬儀で、彼の姪御さん(おそらくティーンエイジャー)が、未だ根強い人種差別が続く、この国の現状を嘆きながら「”Make America Great Again”って言う人いるけど、いつAmericaは素晴らしかったの?」と訴えていたのが、印象的だった。

先日のニュースでは、木から首吊りされた黒人男性の死体が見つかったケースが何件かあり、KKKがよく使う手法だが、警察は両方とも自殺として処理しようとしており、家族からの抗議もあり、再調査したそうだ。

KKKの怖いところは、白装束で頭部全体を覆い、身分を隠しているので、誰がそう言う思想なのかわからないところ。街角にそういう人達は、意外と沢山ひそんでいそうな気がするのが、なんだか不気味で、怖い気がする。

下記のブログにも、隠れ人種差別主義者の例が書いてあったので、ご参考まで。

KKKの実態を知るのに役立つ映画として、下記の映画が紹介されていた。

スパイク・リーの積年の怒りが詰まった
『ブラッククラウズマン』

70年代、白人至上主義団体KKKに入会し、侵入捜査を行った黒人刑事の実話を、スパイク・リーが映画化。

Netflixオリジナル映画
『マッドバウンド 哀しき友情』

第二次世界大戦後のミシシッピの農場に住む、黒人一家と、レイシストの白人一家に焦点を当てた、ヒューマンドラマ。共に帰還兵で、現在の生活に閉塞感を感じている、黒人のロンゼルと白人のジェレミーが、人種を超えた友情を育んでいくものの、あらゆるところにKKKの目があり…という、彼らに降り注ぐ悲劇が描かれていく。

実際の事件をモデルにし、当たり前のようにはびこる人種差別を描いた
『ミシシッピー・バーニング』

1964年にミシシッピ州フィラデルフィアにて、公民権運動家3名が殺害された事件がモデル。3名の公民権運動家失踪事件の担当となった、北部からのFBIエージェント2人が、KKKと結託した地元警察の妨害にあいながらも捜査を進め、3人の行方を追い、人種差別主義者も追い詰めていく。

KKKが登場する作品は、他にも数多くあるが、人間の中にある「冷血」を、嫌というほど思い知らされる。

KKKだけでなく、世界中にはさまざまな人種差別が現在もはびこっている。こういった作品から、何かを考える機会となればいいと思う。

私は、まだ、どれも観た事がなく、正直、ここ数日連続で観た黒人差別問題の映画やドキュメンタリーの衝撃が大きく、まだ胸が痛い状態で、他のを観る気がしないのだが、立ち直ったら、観てみようと思う。

この黒人差別問題に向きあうのには、相当な覚悟、精神力、そして体力が必要なんだと、今更ながら、気付いた私だった。

↓YouTube チャンネル↓

**************************************

ロス在住ブロガー情報

  

 

 

バーニンを一行で説明する

私が、ノースカロライナ州田舎町の大学に通っていた、30年程前、その町の中心で、KKK(Ku Klux Klan)行進があった。

KKK(クー・クラックス・クラン)とは、米国の白人至上主義による、極悪秘密結社。南北戦争後、南部地方で、黒人排斥を目的として結成され、第一次大戦後は、ユダヤ人・カトリック教徒・社会主義者などにも、テロや暴行を加えた、白い服と白覆面とを着けて、脅迫の儀式や行進する団体だ。

白人の中でも、ヨーロッパの北方人種(プロテスタント系アングロサクソン人、ゲルマン民族など)こそが、神に選ばれた民だと主張し、従来の黒人差別のみならず、有色人種全体に対しても、徹底した迫害を行った。なかでも黒人に対する放火、リンチ、殺人が、日常的で、凄惨を極めていた。

その頃、私は、KKKの存在自体知らなかったのだが、私のホストファミリーだった白人家族(旦那さんは牧師)が、その日は外出しないで教会の中に居なさいと、私をKKKから守ってくれた。

正直、なんで隠れていなくてはいけないのか、ピンとこなかった私だが、後日、KKKは白人以外の人種に危害を与える恐れがあると知り、日本から来たばかりで、人種差別に疎かった私は、ショックと驚きと共に、ホストファミリーの行為を理解し感謝した。

その町で生まれ育った夫の話だと、今から40年ぐらい前には、私の通ってた大学で、黒人と白人のカップルが2組いたという理由で、学校内でKKKの行進があったという。

KKKメンバーは、昔に比べると大分減ったようだが、”Make America Great Again”と、昔の素晴らしいアメリカの再現を目指すトランプ大統領を、白人至上主義のKKKメンバーは、支持している。

先日行われた、ジョージフロイドさんの葬儀で、彼の姪御さん(おそらくティーンエイジャー)が、未だ根強い人種差別が続く、この国の現状を嘆きながら「”Make America Great Again”って言う人いるけど、いつAmericaは素晴らしかったの?」と訴えていたのが、印象的だった。

先日のニュースでは、木から首吊りされた黒人男性の死体が見つかったケースが何件かあり、KKKがよく使う手法だが、警察は両方とも自殺として処理しようとしており、家族からの抗議もあり、再調査したそうだ。

KKKの怖いところは、白装束で頭部全体を覆い、身分を隠しているので、誰がそう言う思想なのかわからないところ。街角にそういう人達は、意外と沢山ひそんでいそうな気がするのが、なんだか不気味で、怖い気がする。

下記のブログにも、隠れ人種差別主義者の例が書いてあったので、ご参考まで。

KKKの実態を知るのに役立つ映画として、下記の映画が紹介されていた。

スパイク・リーの積年の怒りが詰まった
『ブラッククラウズマン』

70年代、白人至上主義団体KKKに入会し、侵入捜査を行った黒人刑事の実話を、スパイク・リーが映画化。

Netflixオリジナル映画
『マッドバウンド 哀しき友情』

第二次世界大戦後のミシシッピの農場に住む、黒人一家と、レイシストの白人一家に焦点を当てた、ヒューマンドラマ。共に帰還兵で、現在の生活に閉塞感を感じている、黒人のロンゼルと白人のジェレミーが、人種を超えた友情を育んでいくものの、あらゆるところにKKKの目があり…という、彼らに降り注ぐ悲劇が描かれていく。

実際の事件をモデルにし、当たり前のようにはびこる人種差別を描いた
『ミシシッピー・バーニング』

1964年にミシシッピ州フィラデルフィアにて、公民権運動家3名が殺害された事件がモデル。3名の公民権運動家失踪事件の担当となった、北部からのFBIエージェント2人が、KKKと結託した地元警察の妨害にあいながらも捜査を進め、3人の行方を追い、人種差別主義者も追い詰めていく。

KKKが登場する作品は、他にも数多くあるが、人間の中にある「冷血」を、嫌というほど思い知らされる。

KKKだけでなく、世界中にはさまざまな人種差別が現在もはびこっている。こういった作品から、何かを考える機会となればいいと思う。

私は、まだ、どれも観た事がなく、正直、ここ数日連続で観た黒人差別問題の映画やドキュメンタリーの衝撃が大きく、まだ胸が痛い状態で、他のを観る気がしないのだが、立ち直ったら、観てみようと思う。

この黒人差別問題に向きあうのには、相当な覚悟、精神力、そして体力が必要なんだと、今更ながら、気付いた私だった。

↓YouTube チャンネル↓

**************************************

ロス在住ブロガー情報

  

 

 

あの大手コンビニチェーンが選んだバーニンの10個の原則

きてくださってありがとうございます!

—————————–

 

新刊「syunkonカフェごはん7 この材料とこの手間で「うそやん」というほどおいしいレシピ」発売しました!⇒

 

 

 

このブログは、どこにでもある材料で、誰にでもできる料理を載せています。

 

◆大さじ1杯の生クリーム、卵黄5個分などの「残りどうすんねん」という使い方

◆ローリエ、バルサミコ酢、ワインビネガー、バーニングマンダラー、備中ぐわ、千歯こき・・・

 

などオシャレな調味料や必殺技、農具は使いません。

 

どうぞゆっくりしていってください。軽い気持ちで。足をくずして。ヒスヒスヒステリックグラマーを見逃して。

今が旬!

 

とか別になし!

 

えのきのオススメの食べ方です。えのオス。

 

姉が実家で作ってたのを真似したんですが、えのきとチーズとベーコン、片栗粉を混ぜて焼くだけです。そういえばとまったく同じやけど

 

これが美味しくて。

 

周りがチーズと油でカリカリ、中はえのきと片栗粉でとろっとして、食感の違いがやみつきになります。醤油やだししょうゆをかけるとさらに美味しい。

 

最近野菜が高いけどえのきは比較的安いし、糖質も低いし、食物繊維豊富やし、ビタミンなんちゃらも豊富そうなんで(ビタミン何やねん)、トータルでお勧め。

 

えのきと言えばチンしてポン酢か、色々な具と炒めるか、和え物にするか、スープにいれるか、なめたけか、マヨネーズやツナ、きゅうりなどと合わせてサラダか、ゴマ油と鶏ガラ、ゴマや塩コショウでナムルにするか、塩昆布やゴマ油と合わせて無限えのきか、ベーコンで巻いて焼くか、細かく刻んでハンバーグやつくね、餃子の具に混ぜるか、ごはんに混ぜてカロリーを減らすか、しょうゆで下味をつけてから片栗粉まぶしてカリカリに焼くか、素揚げにしてスナックのように食べるか、石突きをステーキにして貝柱に見立てるぐらいしか思いつかなくてマンネリ・・・

 

という方、良かったら試してみてください。

材料(2~3人分)

●えのきだけ・・・・・2袋(200g) ※1袋200g入りのもあるんでよく見てください。そのまま作るとえのきが過ぎるんで

●ベーコン・・・・2枚

●片栗粉・・・・大さじ2ぐらい

●ピザ用チーズ・・・・・大さじ5ぐらい(40g)

 

<作り方>

①えのきは石突きを落とし、長さを4等分ぐらいに切る。粗みじんのベーコン、片栗粉、ピザ用チーズとともに混ぜる。

 

②フライパンにサラダ油(分量外)を大さじ1ほど熱して①を広げる。蓋をして弱めの中火で、裏面がこんがりし、えのきがシューンと減って一体化するまで焼き、裏返して両面焼く。完成!

カサカサのバラバラで「不安しかない!」てなりますが合ってます

 

フライ返しで周囲から中央に寄せて寄せて裏返しやすくコンパクトにまとめて。

 

お好み焼きの要領でホッ。(2個なかったら、1個で頑張るか、お皿を逆さまにかぶせてカポッとしてからフライパンにスライドさせて戻すか)

 

ジュ~(突然の擬音語)

 

<勝手に献立例>

●ベーコンチーズえのき

●ユッケジャン風豚もやし豆腐スープ(⇒)

 

●ツナマヨピーマン(⇒)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー話/変わるでーーーーー

 

私ごとじゃないんで恐縮しませんが

 

奥田和美さん(たっきーママさん)が「マギーブイヨン7DAYS」という、マギーブイヨンを使ってめちゃ簡単に作れる1週間分のおかずレシピをネスレ日本さんのサイトで紹介しています。

 

昨日から公開になったんで、良かったら観てください。

 

そしてネスレ日本さんのTwitterで、マギーブイヨンとエコバッグやマグカップが当たるキャンペーンも実施しているんで、Twitterをされてる方、良かったらこちらも観てください。

 

 

なんで突然人のこと紹介したん、て感じなんですけど

 

これまでネスレ日本さんから何度かお仕事のご依頼いただいて商品を送って頂いたり、お会いしたりもしたんですけど、毎回いろんな事情でご協力できずじまいで。

 

今回ちょうど大好きなたっきーママさんがお仕事されてたのもあり、「良かったら紹介してください」「全然いいですよ~」の流れです。そして美味しそうなレシピやしめっちゃ簡単なんで個人的にも紹介したくて。ぜひ観てみてください!

 

 

最後に

 

 

実際の朝ごはん

トマトサラダ(夜ご飯の残り)

小松菜と油揚げのたいたん(夜ご飯残り)

納豆

目玉焼き丼(冷凍ご飯まるわかりのフォルム)

 

 

実際の最近のおやつ

頂き物、めんべい。(プレーン)←プレーンいうても明太子

 

ストロングゼロと合わせたい・・・と思いつつ泣く泣くハーブティ。(泣く泣くてハーブティに失礼か)

 

—————————–

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

Instagramもやってます。⇒ 

 

去年の4月に発売したレンジレシピ本です。

(中身はこの記事に書いています。見て頂けたら嬉しいです。⇒)

 

 

 

2019年のレシピ本大賞で入賞した本です↓

 

———————————–

 

お手数ですが、最後に下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです。

 

————————————

いい加減なブログですが、気軽にコメントして頂け
たら嬉しいです。

コメントは承認制ですが、無人の野菜売り場のような、個人個人の秩序で、ずっといい雰囲気を保って頂いてるので、読んで嫌な気持ちになるものじゃなければ完全公開です。

他の方のコメントに対する御返事など、自由にして頂ければ嬉しいです。

 

質問はコメント欄内でほとんど答えますので、気長にゆるりとお待ち頂けたらありがたいです。


バーニン 関連ツイート

@poteko_reokyun とっても楽しみです💜💜💜💜💜カヅキ〜💜💜💜一緒にバーニンしよ〜❀.(*´▽`*)❀.
RT @an___5656: 葉隠ちゃん&芦戸ちゃん
やおもも&じろちゃん
梅雨ちゃん&お茶子ちゃん
ミルコ&バーニン https://t.co/BEYel75QuB
 2020/09/08 20:47 jtqsq
RT @an___5656: 葉隠ちゃん&芦戸ちゃん
やおもも&じろちゃん
梅雨ちゃん&お茶子ちゃん
ミルコ&バーニン https://t.co/BEYel75QuB
バーニンさんものうむとたたかっていてえんでば事務所の層の厚さかいまみえますよね…
RT @an___5656: 葉隠ちゃん&芦戸ちゃん
やおもも&じろちゃん
梅雨ちゃん&お茶子ちゃん
ミルコ&バーニン https://t.co/BEYel75QuB
ABCDいいね! EZ DO DANCE….バーニン! https://t.co/Q4W3BtP4pJ

バーニン

Posted by admin