釈放の人気の秘密を分析、注目のアイテムが勢ぞろいしてます

[広告] 楽天市場

釈放 あなたと合体したい…

 

 

伝説の刑事ドラマ《あぶない刑事》

 

 

主役の二人、『タカ』&『ユージ』の視点で、ドラマチックな物語を提供します。

 

 

ダンディ第2ステージです(#^.^#)

 

 

1986年11月9日放映

 

 

あぶない刑事・第6話 《誘惑》 の■STORY■

 

 

 

 

 

 

 

 

バー”ノーザン・ライト”の経営者・永井俊男が射殺された。 そこで働くホステス・緑(風祭ゆき)の証言で、交友のあった宮本(三上剛仙)を逮捕するが、そこへ宮本を釈放しろとの脅迫電話が入った。 電話の主は銀星会の金森(飯田浩機)だった。 宮本は、三年前の宝石強盗が、殺された永井と自分、そして金森の犯行だと自供するが…。

 

 

※鷹山・鷹山敏樹(舘ひろし)、大下・大下勇次(柴田恭兵)、町田・町田透(仲村トオル)、薫・真山薫(浅野温子)

 

 

 

 

アブデカの第6話…

 

 

 

 

事件関係者のホステス・緑に本気で恋心を抱いてしまう大下の純情編。 町田が鷹山、大下に見守られながら、教育の一環として初の取調べもコミカルに。 これまで捜査課、少年課の大部屋として取調室しか出てこなかった港署のセットに、捜査の打ち合わせの場となる会議室と留置場が画面に初登場する。 ラストの薫と鷹山の会話は、軽薄短小がもてはやされた80年代中盤の象徴的なキーワード。

 

 

 

 

『誘惑』ね…

 

 

 

 

誘惑われるならホント、綺麗な女性からで願いたいね…

 

 

 

 

 

 

 

 

頭が綺麗に反り上げられた中年の厳つい男が目の前に座っていた…

 

 

 

 

彼の名は、佐藤邦光(47歳)…

 

 

 

 

指定暴力団吉住会の下部団体の構成員だ。

 

 

 

 

ダンディたちは、暴力団の抗争事件を捜査していた。

 

 

 

 

白昼堂々、競艇場の前において、シマ(縄張り)を巡るトラブルに端を発したものだ。

 

 

 

 

吉住会側「5名」と口山組側「3名」による、互いに凶器を持ち出しての乱闘事件だ。

 

 

 

 

ダンディたちは、目撃証言や、現場からの逃走車両などから殆どの実行犯を割り出し逮捕していた…

 

 

 

 

しかし、数名割れていない(判明していない)容疑者もいた。

 

 

 

 

そんな最中、自ら?出頭してきたのが佐藤だ…

 

 

 

 

 

 

 

 

自分もその場にいました…

 

 

 

 

と申し出る佐藤だが、目撃者の証言に「ハゲ」はいない…

 

 

 

 

ダンディは、

 

 

 

 

冗談はよしてくれ…アンタは居なかったろ…

 

 

 

 

その頭を見た奴はいない…

 

 

 

 

と申し向けると、佐藤は、

 

 

 

 

俺がヅラを被ってた、ってことでいいでしょう…

 

 

 

 

などとオチャらける…

 

 

 

 

明らかな身代わり出頭…

 

 

 

 

真犯人は外におり、佐藤は上(組長)の意向で出頭してきたのだ。

 

 

 

 

つまり組織としては出頭させたくない男、隠したい男が犯人だ。

 

 

 

 

佐藤は真顔で、

 

 

 

 

俺を犯人ということにしてくれれば、堅いもの付けますよ…

 

 

 

 

と警察に取引を持ちかけてくる…

 

 

 

 

「堅いもの」…つまり、拳銃を持ってくるということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤクザは抗争に備えて必ず何処かに拳銃を隠し持っている…

 

 

 

 

拳銃事犯の検挙は、暴力団を担当するデカの一つの指標だ…

 

 

 

 

だが、ご存知のとおり、そうそう挙がる代物でもない…

 

 

 

 

佐藤もそれを知っていて言っているのだ。

 

 

 

 

利害関係が一致する…

 

 

 

 

が、佐藤にも相当の覚悟がある…

 

 

 

 

拳銃の不法所持ともなれば、最低でも数年はムショ暮らしだ…

 

 

 

 

ヤクザ者による甘い《誘惑》…

 

 

 

 

 

 

 

 

だが…ダンディたちは丁重に断りを入れる。

 

 

 

 

事件解決には相手の申し入れを、ある程度飲まなければならない場面もある。

 

 

 

 

しかし 「いた、いない。やった、やらない。」 の場面では、それを絶対に飲んではいけない。

 

 

 

 

この手の駆け引きで失敗し、警察組織を去っていた者を何人も知っている。

 

 

 

ダンディたちは、ハゲの佐藤の申し入れを拒否し、再び捜査に戻る…

 

 

 

 

その後の懸命な捜査の結果、ダンディたちは、残りの容疑者を特定して逮捕した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中には他団体から御触れが出ている者や、未成年が含まれていた。

 

 

 

 

御触れが出ている者や、未成年は、組として受け入れないのが渡世の暗黙のルールだ…

 

 

 

 

これを隠したかったのか、吉住会は…

 

 

 

 

隠したい気持ちはよく分かりますけどね…

 

 

 

 

しかしまあ、ハゲ坊主からの《誘惑》も仕事だけど…たまにはいい女から《誘惑》されたいものだな…と思う、ダンディであった(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、エンターテイメント「ダンディ」でした。

 

 

 

 

※この記事はフィクションであり、エンターテイメントとしてお楽しみください。

 

 

※登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係がありません。

 

 

 

あぶない刑事 第6話 「誘惑」

 

タカ 鷹山敏樹 舘ひろし

 

ユージ 大下勇次 柴田恭兵

 

第1話 「暴走」 

第2話 「救出」 

第3話 「挑発」

第4話 「逆転」

第5話 「襲撃」
 

刑事 デカ 事件簿

 

エンターテイメント 

 

ダンディ 第2ステージ

 

 

釈放の見所を集めました。

 

 

23年間の仮面夫婦が愛され妻に!
人生が好転する艶髪スタイル
泉 有華子です。
 

 

昨日、一度習ったことでもブラッシュアップをしていくって

大事だな~って改めて感じたのですが、

自粛期間中
新たな学びをしておりました。
 
今更ですが
エッセンシャルオイル、アロマについて。
 
コロナちゃんが日本に上陸する前から
ぼちぼち習っていて
ちょうど講座もメディカルアロマの抗菌効果についての講座があったので
すごく運よく
手指消毒スプレーやマスクスプレーを作って
 
玄関に置いたり
家族に持たせたりと
 
すごく役に立ちました。
 
講座を受ければ受けるほど
植物のもつちからのすばらしさを感じます。
 
こちらのサイトでは

 
 

1630年ごろペストが流行した際の逸話で

すでにそのころ植物の感染を防ぐ力の記述があるそうです。
 
「マルセイユ酢」または「フォーシーブス(泥棒酢)」として知られる調合について、興味深いエッセンシャルオイルにまつわる逸話があります。1630年頃、フランスのテュールーズでペストが大流行した際に、ペスト犠牲者の所持品を盗んで回った泥棒達の一団が逮捕され、死刑を宣告されました。ペストは病原性が高く致命的であるにも関わらず、泥棒たちがペストの感染をあまりに恐れていないことに裁判官達は驚愕しました。泥棒達は、腐敗した死体に直接触れることを恐れなかった理由を話せば釈放すると言われました。泥棒達は、感染を防ぐための秘密の薬の処方があることを話しました。

泥棒達が使用していた薬の処方について、様々な方法が推測されました。1910年に雑誌『サイエンティフィックアメリカン』誌で紹介された処方では、乾燥ローズマリー上層部、乾燥したセージの花、生のヘンルーダ、カンファ―(樟脳)、スピリッツ(おそらくエチルアルコール)、ニンニククローブ、酢が配合され、時々混ぜながら7~8日間抽出したものでした。「薬用酢は、マルセイユの4人の泥棒が発明し、疫病が流行している際に予防として使用することに成功した。」とこの記事には書かれています。

ペストの治療は、黒いローブ、つばの広い帽子、長いくちばしのマスクを身に着けている医師のイメージを想い起させます。これらの長いくちばしには、感染した患者と接している間に医師が吸入するための乾燥ハーブ、スパイス、エッセンシャルオイルが入っています。中世には”mountebanks”として知られる、旅をしながら人々の病気の治療をする人たちがいましたが、彼らは患者を訪れるときに吸入する芳香性のハーブのポーチを持ち歩いていました。

                 なるほど健康塾  現代医学におけるエッセンシャルオイルより引用

 

この泥棒たちが使ったという伝承をもとに
調合したというブレンドオイルを
サロンでは使っています。
 
 
 
実は
小学1年生のころに
父が肝硬変を患っていると母から聞き
毎年、お正月父が新年会に出かけると
母が兄と私とで
「もしもお父さんが死んだらどうする?」という話し合いをしていました。
 
兄が中学を卒業した時点でその話し合いは終わったのですが
父が感知しにくい病気であること
だから少しでも長生きしてもらうことが
私のひとつの使命のようなものでした。
 
 
にんにく卵黄を自宅で作ったり
ある植物のエキスを凝縮した製品を購入したり
アロエを育てて食用にしたり
やたら高い深海鮫の肝臓のなにかというのも買ったりタラー
 
今思えばそれって効果あるの?なものも含め
 
書ききれないほどの民間療法も試しました。
 
 
大人になるころには
りっぱな健康オタクにアセアセ
 
健康のことを考えすぎてある意味不健康かもくらいなっ滝汗
 
そんな健康オタクの私ですが
娘の精神的なものからくる症状は
薬に頼ってるだけでは改善できないことも感じていて
 
今、医療レベルの精度の良いエッセンシャルオイルと出会って
薬ではないけれど
薬では得られない
私たちの暮らしのクオリティを感じることができるのではと思ってます。
 
 
そのいいなぁと思ってるエッセンシャルオイルを
サロンのリピートNO1の脳スパリラクゼーションに使えば
さらに思考のデトックスと感情の開放の効果が高まるのではと思っています。
 
というわけで
新メニュー
脳スパアロマリラクゼーションの提供をしていきます。
 

ただし、
当面はご希望の方のみの提供となります。
 
ご興味がありましたら
サロンでお尋ねくださいね。
 
 
 
髪に自信をもちたいアナタへ
 
なりたいは選べるキラキラキラキラ

 
 
 
今日もおしまいまで読んでいただいて
ありがとうございますニコニコ
 

 

 

 

 

 

 
 
毎日を楽しく運気も
きれいも格上げする

愛されうる艶美髪をつくる

 

艶髪スタイルお申し込みはこちら

7月のご予約土日はあと2枠

平日もわずかとなりました。

お早めに!!

 
やけどの心配がないストレートアイロンなので
ZOOM(オンライン)でレッスンを受けていただけます。髪のスタイリングをとおして毎日の生活に「楽しい」をふやすセルフスタイリングメソッド。
美容室にいけない時期のヘアスタイルをワンランクアップできる艶髪スタイル!
ズームのお申込みはお申込み時に備考欄にZOOM希望とご記入お願いします。
 ズームレッスンご受講の場合、補講が1回に限り無料!

艶髪スタイルレッスンは

大阪府下のほか兵庫、京都、滋賀、奈良、三重、名古屋、石川金沢、富山の方にご受講いただいています。
呼んでいただければ日本全国にお伺いします
セミナー・WSのご依頼はこちらから
 
 
フォローお願いしますm(_ _)m
↑ブログでは書けないことをこっそり発信ウインク
美容師さんじゃないからこそお伝えできるヘアケア裏事情も乙女のトキメキ
割引キャンペーンや体験チケットの配布もあるよベル
赤薔薇スタンプ送信でお得なクーポンゲットしてねアップ                       

釈放よろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『奴らを高く吊るせ!』(やつらをたかくつるせ!、原題:Hang 'Em High)は、1968年制作のアメリカ合衆国の西部劇映画。

 主演のクリント・イーストウッドがイタリアに渡り、マカロニ・ウェスタンでスターになった後のハリウッド凱旋作品。

 元保安官でカウボーイのジェド・クーパーは、牛を輸送中に突如9人の男たちに襲われた。
 彼らはウィルソン元大尉他、牛泥棒を追ってきた男たちだった。クーパーは牛泥棒から盗品と知らずに牛を買ってしまい、ウィルソンの指示の下、クーパーは釈明も無視され私刑を受けた挙句、近くの木で縛り首にされてしまう。
 吊るされて死にかけていたジェドは、たまたま通りかかった連邦保安官のブリスに助けられ、
 護送中の囚人とともに、裁判所の前に見世物のように絞首刑台の並ぶ町に送られる。
 そこでジェドは、フェントン判事から冤罪を認められて釈放されるとともに、判事直属の連邦保安官に誘われる。
 フォート・グラントはオクラホマ準州に属していたが、その土地の広大さに反し、法の番人たる裁判所も連邦保安官も少なく犯罪が多発し、
 なかなか州に昇格できずに判事は苦しんでいた。
 クーパーは、自分を私刑にかけたウィルソンたちを合法的に探し出すために保安官となった…。

ジェド・クーパー  クリント・イーストウッド
レイチェル インガー・スティーヴンス
ウィルソン元大尉 エド・ベグリー
アダム・フェントン判事 パット・ヒングル
ブリス連邦保安官 ベン・ジョンソン
カルフーン保安官 チャールズ・マッグロー
ソフィー ルース・ホワイト
 

全7回 4回目

 「夕陽のガンマン」に引き続き「続・夕陽のガンマン」を演じたクリントイーストウッド
 マカロニウェスタンは十分に楽しんだものの、いまいち満足は得られません。
 アメリカでは、未だに彼の映画は酷評されていたからです。
 ロサンゼルスタイムズで、大御所、チャールズ・チャップリンは、このように言っています。
 「現在、公開中の『続・夕陽のガンマン』は、不出来で退屈で長ったらしい」
 ニューヨーカー誌の女性映画評論家のポーリング・ケイルは、「このバカバカしくむごたらしい映画が、なぜそもそも西部劇と呼ばれるのか理解できない」と切り捨てました。
 タイム誌の評価も見下したもので、レオーネの演出の才能を多少認めたものの、西部劇というアメリカの最も神聖な芝生に土足で踏み込んだ厚かましい映画と攻撃。
 しかし、評論家等の罵倒に近い言葉をよそに、「続・夕陽のガンマン」は、大盛況。
 批評家は理解できなかったとしても、観客はクリントが演じた「名無しの男」に魅力を感じたのです。

 「3本のレオーネの作品は海外では成功した。しかし、ハリウッドに切り込むことは難しかった。映画業界はテレビに出ている俳優に偏見を持っていただけでなく、イタリア映画に出ているアメリカ人俳優は落ち目だとみなす風潮があった。フランス、イタリア、ドイツ、スペインの映画関係者は、ハリウッドのプロデューサーたちに、いつクリント・イーストウッドの映画をつくるつもりだと、いつも尋ねていた。そして、ようやくユナイテッドアーティスツから地味な作品『奴らを高く吊るせ!』の話が舞い込んだ」

 (クリント・イーストウッド 談)

 結果的には、低予算で仕上げられた「奴らを高く吊るせ!」クリント・イーストウッドが「稼げる俳優」であることを証明したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、みなさん、ご機嫌よう。

                   

※何のやりとりもなしに、いきなり読者登録申請、リブログ、コメント、メール等をしても受け付けません。例外はありません   

 

釈放は、しっかり選ばなくっちゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『奴らを高く吊るせ!』(やつらをたかくつるせ!、原題:Hang 'Em High)は、1968年制作のアメリカ合衆国の西部劇映画。

 主演のクリント・イーストウッドがイタリアに渡り、マカロニ・ウェスタンでスターになった後のハリウッド凱旋作品。

 元保安官でカウボーイのジェド・クーパーは、牛を輸送中に突如9人の男たちに襲われた。
 彼らはウィルソン元大尉他、牛泥棒を追ってきた男たちだった。クーパーは牛泥棒から盗品と知らずに牛を買ってしまい、ウィルソンの指示の下、クーパーは釈明も無視され私刑を受けた挙句、近くの木で縛り首にされてしまう。
 吊るされて死にかけていたジェドは、たまたま通りかかった連邦保安官のブリスに助けられ、
 護送中の囚人とともに、裁判所の前に見世物のように絞首刑台の並ぶ町に送られる。
 そこでジェドは、フェントン判事から冤罪を認められて釈放されるとともに、判事直属の連邦保安官に誘われる。
 フォート・グラントはオクラホマ準州に属していたが、その土地の広大さに反し、法の番人たる裁判所も連邦保安官も少なく犯罪が多発し、
 なかなか州に昇格できずに判事は苦しんでいた。
 クーパーは、自分を私刑にかけたウィルソンたちを合法的に探し出すために保安官となった…。

ジェド・クーパー  クリント・イーストウッド
レイチェル インガー・スティーヴンス
ウィルソン元大尉 エド・ベグリー
アダム・フェントン判事 パット・ヒングル
ブリス連邦保安官 ベン・ジョンソン
カルフーン保安官 チャールズ・マッグロー
ソフィー ルース・ホワイト
 

全7回 4回目

 「夕陽のガンマン」に引き続き「続・夕陽のガンマン」を演じたクリントイーストウッド
 マカロニウェスタンは十分に楽しんだものの、いまいち満足は得られません。
 アメリカでは、未だに彼の映画は酷評されていたからです。
 ロサンゼルスタイムズで、大御所、チャールズ・チャップリンは、このように言っています。
 「現在、公開中の『続・夕陽のガンマン』は、不出来で退屈で長ったらしい」
 ニューヨーカー誌の女性映画評論家のポーリング・ケイルは、「このバカバカしくむごたらしい映画が、なぜそもそも西部劇と呼ばれるのか理解できない」と切り捨てました。
 タイム誌の評価も見下したもので、レオーネの演出の才能を多少認めたものの、西部劇というアメリカの最も神聖な芝生に土足で踏み込んだ厚かましい映画と攻撃。
 しかし、評論家等の罵倒に近い言葉をよそに、「続・夕陽のガンマン」は、大盛況。
 批評家は理解できなかったとしても、観客はクリントが演じた「名無しの男」に魅力を感じたのです。

 「3本のレオーネの作品は海外では成功した。しかし、ハリウッドに切り込むことは難しかった。映画業界はテレビに出ている俳優に偏見を持っていただけでなく、イタリア映画に出ているアメリカ人俳優は落ち目だとみなす風潮があった。フランス、イタリア、ドイツ、スペインの映画関係者は、ハリウッドのプロデューサーたちに、いつクリント・イーストウッドの映画をつくるつもりだと、いつも尋ねていた。そして、ようやくユナイテッドアーティスツから地味な作品『奴らを高く吊るせ!』の話が舞い込んだ」

 (クリント・イーストウッド 談)

 結果的には、低予算で仕上げられた「奴らを高く吊るせ!」クリント・イーストウッドが「稼げる俳優」であることを証明したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、みなさん、ご機嫌よう。

                   

※何のやりとりもなしに、いきなり読者登録申請、リブログ、コメント、メール等をしても受け付けません。例外はありません   

 


釈放 関連ツイート

RT @eigadorobo: |◎|≫ .。oO(新CM解禁でございます❗️)

映画業界を盛り上げるためのこのTwitterなどの功績が認められ、私、この度、早期釈放されたのでございますが、つい悪い癖が…。

そんなわけで、私、#カメラ男 と #パトランプ男 さんとのハラハ…

RT @eigadorobo: |◎|≫ .。oO(新CM解禁でございます❗️)

映画業界を盛り上げるためのこのTwitterなどの功績が認められ、私、この度、早期釈放されたのでございますが、つい悪い癖が…。

そんなわけで、私、#カメラ男 と #パトランプ男 さんとのハラハ…

RT @eigadorobo: |◎|≫ .。oO(新CM解禁でございます❗️)

映画業界を盛り上げるためのこのTwitterなどの功績が認められ、私、この度、早期釈放されたのでございますが、つい悪い癖が…。

そんなわけで、私、#カメラ男 と #パトランプ男 さんとのハラハ…

RT @eigadorobo: |◎|≫ .。oO(新CM解禁でございます❗️)

映画業界を盛り上げるためのこのTwitterなどの功績が認められ、私、この度、早期釈放されたのでございますが、つい悪い癖が…。

そんなわけで、私、#カメラ男 と #パトランプ男 さんとのハラハ…

RT @eigadorobo: |◎|≫ .。oO(新CM解禁でございます❗️)

映画業界を盛り上げるためのこのTwitterなどの功績が認められ、私、この度、早期釈放されたのでございますが、つい悪い癖が…。

そんなわけで、私、#カメラ男 と #パトランプ男 さんとのハラハ…

RT @eigadorobo: |◎|≫ .。oO(新CM解禁でございます❗️)

映画業界を盛り上げるためのこのTwitterなどの功績が認められ、私、この度、早期釈放されたのでございますが、つい悪い癖が…。

そんなわけで、私、#カメラ男 と #パトランプ男 さんとのハラハ…

釈放

Posted by admin